ちょび子のこっそり日記

舅姑、子供、お酒、音楽、好きなコト・・・こっそりつぶやく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月末に思う~ちょっとまじめなお金の話し~

月末です。

いつもはお気楽な私だけど、
月末には、お金の事ばかり考えてブルーになってしまう。
お金の話しと言うのは親しい友人でもちょっと話しづらいよね。
でも、同居生活にはお金の不満がいっぱい!
家計のことをブログにあげるのは勇気がいるけど、
ここで少しぶっちゃけます!
(ちょっと長いです) 我が家の家計はダンナ&私の収入+舅姑世帯が入れるお金で成り立ってます。
つまり、メインの支払いは私達世帯。
住宅ローンも水道光熱費もNHKの受信料も電話代も区費も
すべて私達が支払ってます。

そして、食費や生活雑貨や暖房機器の灯油代や生協の支払いとして
舅姑世帯と私達で、お互い月5~6万円ずつ出して共同費としています。
共同費は独立した家計として財布と家計簿を作り、
「これは共同費」と思った事に使い、使った金額を家計簿に記入するシステム。
この共同費からは、「みんなが食べる野菜だから」という理由で
舅が畑で作っている野菜の肥料やら土や苗なんかもなぜか支払われます。

私が把握している舅姑世帯の生活費はこの月6万円+新聞代のみです。
2人とも60代前半だけど、まだまだ現役で
舅は週4~5日程度のアルバイト、姑も週4日パートで働いていて、
なおかつ年金ももらっているはず。
(収入があるので満額ではないかも)
具体的な収入がいくらなのかは知らないけど、
姑の携帯代や保険の支払い等を考慮しても
「毎月ギリギリ」という事はないはず。

こっちは毎月ギリギリさ。
生活費に加えて子供の教育費やその他いろいろ支払いがあるし。
「今月のローンはちゃんと落ちるだろうか」と
かなりスリリングな毎日を送っている。

でも、どんなに苦しくても舅姑世帯に「生活費を援助してくれ」とは言いたくないのだ。
たとえ微々たる金額でも、「払ってもらっている」という気分になるのがイヤなのだ。
これは嫁としてのつまらないプライドなのか。
家計のために、つまらないプライドなど捨てた方が良いのか。
いや、でも援助してもらうのはイヤだ。

そして今月も月末締めの共同費の家計簿を前に悶々とするのであった。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://chobiko123.blog28.fc2.com/tb.php/28-75ab6e7a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

ちょび子

Author:ちょび子
舅姑、ダンナ、息子2人(中2、小5)と暮らす42歳。
良い事もそうでない事もいろいろあるさ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。